この1年で改めて明らかになったことは、世界のサプライチェーンは繊細なエコシステムだということです。私たちは、生活必需品を入手し、経済を動かし続けるために、それに依存しています。そのため、スエズ運河封鎖事故は、壊滅的な例と言えました。座礁したエバーグリーン社が運航するコンテナ船は、毎日、世界貿易の約12%を支えています。この封鎖事故は、サプライチェーン問題の中で最も注目を集めましたが、アジアの主要な流通センターで発生したCOVID-19のアウトブレイクなども同様にマイナスの影響を及ぼしました。

世界中に製品を送り届けるために、流通ラインに依存している産業は数多くあります。流通プロセスを維持するためには、多くの要素が複雑に組み合わさっており、あまりにも大きなエラーの場合、多くの会社にとって制御不可能となります。現状を踏まえてサプライチェーンのプロセスの改善に目を向けると、技術的な面では、ERPシステムやデジタルインフラによって、オペレーションの監視や管理を大幅に改善できます。一方、人的なパフォーマンスを向上させるには、組織の上層部と現場、両方の手順を変更する必要があります。

このような体制変更は、特に消費財の流通がグローバルであるという性質と課題を考慮すると、企業が社内のみで実行するのは限界があります。強力な ERP プラットフォームに投資し、さらにグローバルロールアウトの専門家の経験を活用することで、直面するであろう課題の影響を回避、あるいは少なくとも軽減することができます。

世界における飲料業界の流通に関する課題

消費財業界は、20世紀後半から21世紀初頭にかけて数十年にわたる成功を収めてきましたが、このビジネスモデルは、過去10年間で急速に衰退しています。その原因は、これまで適用されてきた消費財の成功における5つの要素が、今日のハイテク化されたグローバル市場で最適な結果を得るためには、複数の課題があるからです。今回は、飲料メーカーやその他の消費財メーカーが直面している、主要な課題をご紹介します。

マスターデータ

Eコマースによって、消費者への直接販売という移行が急速に起きており、業界の成長に大きな影響を与えています。オンラインのプラットフォームやシステムへの移行は、追跡・管理しなければならない新たなデータレイクを生み出します。サードバーティ―の流通業者の効率性の追跡から、消費者のニーズや行動のトレンドの分析まで、マスターデータは飲料メーカーの成功に欠かせないものです。

戦略的に情報の完全性を維持するためには、マスターデータに対するガバナンスや管理などが重要となり、適切に実行されなければなりません。それにもかかわらず、かなりの割合の企業が十分なデータの方針やその管理方法を持っていません。そのため、新たな収入源の特定やコストの削減、プロセスの改善の際、正確なデータを利用して行うことができていないのです。

在庫管理単位(SKU)

消費財・小売業に携わる人ならご存知かもしれませんが、製品を適切に流通させるためにはStock Keeping Unit(SKU)が不可欠です。スキャン可能なバーコードの登場は、在庫管理に革命をもたらしました。重要な販売データやプロセスデータの収集にも活用されています。しかし残念なことに、適切なシステムを導入しないと、SKUが急速にただ増加する状態となり、新たな課題を生み出してしまいます。

飲料メーカーをはじめとする消費財メーカーが在庫を増やすと、商品ごとに新しいSKUが出てきます。SKUが増えるということは、企業の成長を示しているという喜ばしい反面、適切に管理しないと、資金が製品に滞留し、受注から配送までの一連の業務を最適化することが難しくなり、保管料が増加していくのです。これは経営上の悪夢とも言える状態です。

3PL在庫管理

優れた在庫管理は、経費を減らし、コストを下げ、製品の無駄を防ぐのに役立ちます。テクノロジーが消費財や物流業界に変革をもたらす中、サード・パーティー・ロジスティクス (3PL) のプラットフォームがサプライチェーンの円滑な運営に貢献しています。問題は、これらのシステムは、メーカーが使用している社内ソフトウェアツールとの統合が難しい場合がある点です。適切な統合が行われなければ、3PL在庫管理ツールは、単に無駄なプロセスになってしまいます。

飲料メーカーにおける「3つの管理」

この業界をご存知の方は、飲料メーカーが抱える課題は、コスト管理、マージン管理、予算管理の「3つの管理」であると認識されているかもしれません。これらの要素を適切に管理できることが、消費財業界で生き残るポイントになります。

コスト管理:利益を改善するために、費用のかかる手順を特定し、削減するプロセス

マージン管理:売上高のうち、利益につながる割合を増やしていくためのプロセス

予算管理:収益を向上するために予算を管理するプロセス

飲料市場のセグメントは、食品・飲料業界の中でも強い利益率を持っています。それを踏まえた上でも、企業や投資家、M&Aグループが最大の利益を実現するためには、ERPの導入を成功させることが必須です。

飲料メーカーにおけるERPロールアウトの成功事例

消費財および飲料メーカーが、デジタルトランスフォーメーションやERPシステムの更新を行う際には、経験豊富なロールアウトの専門家チームを活用することが重要です。サプライチェーン全体で共通に起こる問題点を回避し、運用全体に対するメリットを享受することができ、十分に元が取れる投資となります。

事業譲渡:企業の所有者が変わった場合、新しいERPSの導入と統合は、事業を軌道に乗せるために非常に重要です。

カスタマーポータルと統合:B2BとD2Cの消費者に対してシームレスな顧客体験を提供することで、顧客維持と満足度向上を実現します。

エコシステムの変革:新しいオンラインエコシステムは、デジタルトランスフォーメーションを推進し、より有能で収益性の高い消費財メーカーを生み出します。

システムの自動化:消費財の生産に関わる管理業務の多くは、ERPプラットフォームによって効率化されています。

サード・パーティー・ロジスティクス (3PL) とフォース・パーティー・ロジスティクス (4PL):3PLシステムを従来のERPと統合したり、強化された包括的な4PLを採用するなど、サプライチェーンマネジメントは革命的に変化しています。

ERPのロールアウトを成功させることで、飲料メーカーにおけるコスト管理、マージン管理、予算管理をどのように改善できるのか、ご興味がありますか?ぜひ私どもbe one solutionsにお問い合わせください。

be one solutionについて詳しく見る

 261 Post Views