現在のデジタル化社会において、人工知能(AI)の持つ役割、そしてAIとの統合、自動化、全体的な業務効率化が、ますます私たちの生活の重要な部分を占めるようになっています。さらに、ビジネスを継続するためには、自らの会社を管理するだけではなく、サプライチェーン全体の維持が必須となっています。

顧客志向や費用効率の高い時間管理の必要性が高まる中、多くの企業がビジネスを統合的に管理する方法を模索しています。特に自動車関連企業では、効果的なディーラー管理システム(DMS)が必須アイテムとなっています。

事業拡大における課題

大手企業の多くは、海外拠点にて新しい子会社を立ち上げる経験があるかと思います。その度に現地のパートナーを探して、SAPグローバルロールアウトを実施するのは大変な苦労です。もちろん現地への理解は重要ですが、ビジネスプロセスの標準化や、各地域の規則や規制に関するローカル要件を把握するには、時間も費用もかかります。また、本社とは別のシステム体系のパートナーと組んでシステムを構築するとなると、企業情報が分散し、レポートやデータへのアクセスが制限されることもあります。既存のシステムへの理解がないと、グローバルテンプレートについて現地が誤解してしまうなどのミスが発生し、余計な作業が発生してしまうかもしれません。さらに、GDPRなどのコンプライアンスや、現地の金融規制も厄介な問題として存在します。このような問題に頭を悩ませないためにも、グローバルな視点とローカルな視点を併せ持つ、単一のパートナーを選ぶことで、効果的な統合管理システムのロールアウトが実現できるのです。

単一のSAPプロバイダーによるソリューション

デジタルトランスフォーメーションへの道に、苦痛を伴う必要はありません。自動化を進めることで、無駄な作業が減り、リスクが軽減され、生産性とデータ品質が向上します。そして、単一のSAPプロバイダーを採用することで、標準化によるベストプラクティスの実現を保証できます。最終的には、企業のコストを削減し、お客様は重要な業務に集中することができるのです。

すでに述べた通り、新しい関連子会社を設立する度に、信頼できる現地のパートナーを探すのは、手間暇がかかるものです。プロジェクトのリーダーは、対象の国の文化を理解し、言語の壁も乗り越える必要があります。複数の現地SAPプロバイダーを使いながらSAPグローバル戦略を実現しようとするのは、とても無理な話なのです。be one solutionsは、多国籍企業のグローバルロールアウトを単一のプロバイダーとしてサポートしていきます。当社の強みは、グローバル展開の豊富な経験とローカルの専門知識にあります。世界中にシニアコンサルタントが存在し、ローカルでの知識と実績を活かしてお客様のロールアウトをサポートしています。当社では、すべてのグローバルロールアウトプロジェクトに対して、アカウントマネージャー1名と、プログラムマネージャー1名を確保し、責任を持って担当いたします。まずテンプレートを作成し、それをお客様の要件に合わせて調整します。新しい関連子会社で最初のパイロット版を構築した後、プログラムマネージャーとプロジェクトマネージャーがテンプレートを展開します。このプロセスでは、現地の法律やベストプラクティスに合わせて、マスターデータから経理・財務までを適応させていきます。ここで重要なのは、各関連子会社が本社と同じビジネスプロセス・コンプライアンス・ルール・監査証跡を導入することです。単一SAPプロバイダーを採用することで、このような一貫性のあるサポートを受けることができるのです。

SAPグローバルロールアウトのエキスパート

SAPグローバルロールアウトのエキスパートとして、be one solutionsはあらゆる要件を戦略的にサポートすることができます。当社は、10年以上にわたり、世界60カ国以上でSAPを使用する多国籍企業のグローバルテンプレートを導入してきました。スイスに本社を置き、25カ国以上を拠点とし、18カ国語でビジネスを展開。何百件もの2層ERPを含むERP戦略のロールアウトを成功させています。世界各地に事業拠点を持つことで、現地のロジスティクスに関する重要な情報をお客様に提供することを可能にしています。さらに、さまざまな業種での経験を活かしてお客様のニーズに合わせたSAPソリューションをご提案。社内に独自の開発チームが存在するため、システム間の統合をカスタマイズして適応させることも可能です。

be one solutions UKのカントリーマネージャーであるJoão Sá Rodriguesは次のように述べています。「例えば、スペイン・シンガポール・ブラジル・アメリカなどの国で、特定の貿易協定に基づいて新しい関連子会社を設立する企業に対して、当社はすべての関連子会社の単一のベンダーとなり、信頼できるアドバイザーとしてサポートすることができます。その企業の本社と同じビジネスプロセス、同じコンプライアンス、同じ監査証跡の仕組みを持つテンプレートを導入します。また、2層ERPを含むERP戦略のために、各関連子会社を統合レイヤーに追加するご提案もできます。多国籍企業が新しい関連子会社を立ち上げる際に必要な俊敏性を、すべて提供することができるのです。」

当社は、SAP導入の専門知識、グローバル展開、そして現地要件に関する知識を生かし、多くの多国籍企業に貢献してきました。その成功事例の一つが、MAN Energy Solutions社です。ドイツの多国籍企業フォルクスワーゲンの傘下にあり、海上輸送される貨物の約50%にMAN社のエンジンが使用されています。同社は、世界各地で導入・展開するシステムをサポートできるコンサルティング会社を探していましたが、その条件としては、60カ所のサービス拠点で効率的に運用でき、かつ地域や法律上の要件をすべて実現できるERPシステムを提供する必要がありました。また、600人以上いる営業担当者からは、製品センターとグローバル組織をつなぐ信頼性の高いインターフェースを求めるニーズがありました。地域ごとに異なる要件に対応した真のグローバルテンプレートを提供することは、大きなチャレンジであり、加えて導入や修正が容易である必要がありました。

MAN Energy Solutions社は現在、50カ国に及ぶグローバル展開で2層ERP戦略の運用を成功させています。採用しているグローバルテンプレートのバリエーションは少なく、結果として本社とその子会社の間で、業務やデータの調整・標準化・統合が容易に実現できました。

同社のSEAIP責任者であるHarald Capek氏は、「約270,000件の見積・注文ラインを計算した結果、手作業を削減し、見積・注文プロセスを高速化することができました」と述べています。

 

単一のSAPグローバルプロバイダーを採用するという判断は今後、より増えていくはずです。世界中に広がる関連子会社でデジタルトランスフォーメーションを検討している場合、単一プロバイダーを選択するメリットは、国ごとに個別のパートナーを選択するよりもはるかに大きいと言えるでしょう。リスクの軽減、生産性の向上、データの質向上、一貫性、現地の専門知識と完全なサポートなど、単一のSAPプロバイダーを採用することで、ストレスなく、ビジネスの成長に集中することができます。

be one solutionについて詳しく見る

 64 Post Views